posレジに置き換わるタブレット型端末

subpage-img

簡易的なposレジとしてタブレット型端末の利用が注目されています。

従来のposレジと比較した場合、タブレットは見た目がファッショナブルなのでファッション生を強く意識するアパレルショップやアクセサリーショップ、ヘアーサロンや飲食店などで需要が急増しています。また、特にファッション性を意識しない中小企業などにおいても導入費用が安価に済ませられるという点で支持されています。



実は、従来型のposレジというのは端末の価格が10万円を超えてしまう上に、販売情報に関するシステムを構築し導入させる事を考えると初期費用のみで100万円を超えてしまうのです。

規模が小さなショップや団体では厳しい出費となってしまうので、導入に際して大きなハードルになってしまいます。



一方、タブレット型端末の場合は安価な製品を採用すれば初期費用は10万円未満で済ませる事ができますし、クラウドサービスと連携することにより一ヶ月間あたり数千円で利用可能になります。
そして、最新技術を取り入れているという点から管理に関する機能が数多いというのもポイントです。

日本各地に支店がある場合はタブレット型端末をインターネットに接続する事で売上がリアルタイムで集計されます。


しかも、こうしたオンライン上でのやり取りを行う事により在庫の管理が今まで以上に簡単になりました。

教えて!gooについて知りたいならこのサイトです。

在庫状況を手動入力する必要性が無いため、ミスが起こらない上に時間の短縮にも繋がります。

top